So-net無料ブログ作成
検索選択

世界の果ての通学路 [映画、tvなど]


フランスドキュメンタリー映画です。

そのタイトルのまま、学校に通う子供たちに密着した映画ですが、通学する道のりが想像を超えています。

日本に住む私たちにとって小学校とは徒歩で通うのが基本で進学するにしたがって
電車自転車、バスなどで通学するのがごく一般的だと思います。

しかしこの映画に出てくる学校への道とは

ゾウに警戒したり、馬に乗ったり、ヒッチハイクをしたりと日本では考えられないものです。

そうまでして子供たちが学校に通うのは何故なのか。観終った後にこれまでの自分の甘えなど、色々と考えさせられる映画でした。

もし自分が今、片道22キロ、4時間かけて通学をするって考えたら無理ですが
彼らのおかれた環境などを考えると自分自身の将来のために学校へきっと通うのかもしれません。

日本に生まれて育った私にはとても興味深く、知れてよかったと思える映画でした。



ちなみにナレーターは誰もが知っているであろう「月にかわっておしおきよ」の声優さんです。
字幕にするほどのセリフ量ではないので吹き替えで観たほうが楽だと思います。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: